エッセンスセラムの成分と効果

エッセンスセラムで10歳若返るアンチエイジング法

エッセンスセラムで若く見せる肌作りが、できるってホント??を調べつくします!
エッセンスセラムの効果と成分調査!

「D.U.O.ザ エッセンスセラム」公式サイトで確認する方はコチラ
年を重ねるごとにどうしても増えてしまう、シワ、シミ、くすみ、たるみ。

そしてファンデーションをつけたらとっても目立つよじれシワ。なんとかしたいですよね。

老化は人が生きていく上で避けられないものです。

ケア次第で見た目年齢に大きな差があります。

肌質は生まれ持ったものですが、どんな人でもケア次第では10歳ぐらいは開きが出ます。
下の写真を見て比べてみるとわかりやすいです。

写真は双子姉妹です。
右の老け顔の女性は、喫煙者でケアもちんとしていないとのことです。

その原因として3つ!

①光老化

数分間紫外線を浴びても肌はダメージを受けます。
長年浴び続けることでシミ、シワ、たるみなどを引き起こしてしまいます。

②乾燥

20歳をピークに女性の肌は乾燥しがちになります。
これは角質の潤いを保つ天然の保湿成分が、年齢とともに減少していくのが主な原因。

角質の潤いを保つ天然の保湿成分補うことが重要となります。

③細胞酸化

体内に取り込まれた酸素の一部が変化してできた「活性酸素」が原因。
活性酸素は脂質と結合して細胞を酸化させます。

皮膚が酸化すると細胞にダメージを与え、真皮のコラーゲンなどを硬くして皮膚の弾力を失わせ、老化を進めます。
ではどうすれば? 💡

 エッセンスセラムでお手入れして羨ましがられるような艶のある美肌

でもちょっと待って!!

自己流のお手入れをしていませんか?間違ったケアはトラブルの元です。

ここではアンチエイジングのために行いたい正しいエイジングケア方法を紹介します。
アンチエイジングケアは保湿に始まり保湿に終わるといわれています。

その保湿力をキープするために、まずはスキンケアの見直しから始めましょう。

スキンケアの大事な4つの要素

1、自分に合ったクレンジング剤と洗顔料などで洗顔(メイクしていない日も行なうのが基本です。)

2、手のひらで優しく押し込むように美容液を浸透させます。

3、化粧水はコットンを使わず手のひらにたっぷりのせやさしくパッティングします。

4、クリームやオイルでうるおいの蓋をします。

5、朝は、必ずUVクリームを塗りましょう。(冬でも曇りの日も塗ります。)

エッセンスセラムは、その効果を最大限に引き出してくれる美容液

本物の美容液、D.U.O. ザ エッセンスセラム!

エッセンスセラムは、老化原因の角質の潤いを保つ天然の保湿成分の代わりとなります。

エッセンスセラムは、新発想のナノカプセル原液です。

「エイジングの悩みは一つではない。肌の衰えから複合的に現れるもの」という観点から作られ、D.U.O.技術「ターゲティングカプセル」を原液にした高純度パワー美容液です。
それが、D.U.O. ザ エッセンスセラムです。

 

 

 

エッセンスセラムの5つの特徴

1:エッセンスセラムは、つけた瞬間、高濃度ビタミンCや高濃度プロテオグリカン、高純度レスベラトロールなど17種類もの濃厚美容成分が角質層の深部まで浸透。

2: エッセンスセラムは、透明感・ハリ・弾力・キメ・毛穴・ブースター機能。悩み別の美容液で補う必要はなく、肌活力を底上げしながら、これ一つで大人の複合悩みをまとめてケアします。

3:エッセンスセラムは、浸透技術(ドラッグデリバリーシステム)を応用し、17種類の厳選エイジングケア成分を超微粒子の多重層カプセルに配置、設計したD.U.O.独自技術「ターゲティングカプセル」採用

4:一般的な美容液は、配合成分の大半が水や保湿剤などのベース(基剤)なのに対し、D.U.O. ザ エッセンスセラムは、ベースそのものが美容液という、原液発想。

5:エッセンスセラムは、洗顔後、すぐに使う「導入・ブースター美容液」

エッセンスセラムの主な美容成分

エッセンスセラムには、実にたくさんの美容成分が入っています。

【D.U.O. ザ エッセンスセラムによる 透 明 感 】

<高濃度ビタミンC誘導体>

即効性と持続性を兼ね備え、進化したピュアビタミンCと呼ばれるVCエチル。明るい素肌へ導きます。

美白成分としての歴史は、30年ほどあり、すでに長く使われている成分です。それだけ効果が認められている成分であるというわけです。

しかし、このビタミンCは抗酸化作用や美白などの効果に優れた成分であることはたしかなのですが、成分自体は実は大変もろく、壊れやすく不安定なため、化粧品に配合してもビタミンCの効果が発揮されにくいという欠点がありました。

そんな壊れやすいビタミンCの効果を損なわないよう改良し安定化させた成分が「ビタミンC誘導体」なのです。もともと安定性が悪く、化粧品への配合が難しかったビタミンCを誘導体化することで、酸化しにくい安定型に変えることができたのです。

また誘導体にすることのメリットとして、皮膚に浸透しやすくなるということがわかっています。

ビタミンC・・・お肌にいいとは言うけれどそもそもどんな効果があるのでしょうか?

⑴ 活性酸素を抑える抗酸化作用

⑵ できてしまったメラニンを還元する作用

⑶ 新陳代謝を促す作用

⑷ 皮脂分泌のコントロール作用

⑸ コラーゲンの生成促進

などの優れた美肌効果があります。すばらしいですね。これをふんだんに配合しているD.U.O. ザ エッセンスセラムです。効果が実感しやすいのもよくわかります。

ビタミンC誘導体とビタミンCの違いってよくわかりません?

ビタミンC

安定性に欠け、酸化されやすいという特徴があります。たとえお肌に塗ったとしても、お肌のバリア機能によって、ほとんど吸収されないのです。いわば「ビタミンCを使ってるんの♡」といった気休め程度といたところでしょうか。

ビタミンC誘導体

ビタミンCと似ていますが、異なるものです。ビタミンCはお肌に吸収されにくいところがあるので、それをお肌に浸透しやすい形に改良したものが、ビタミンC誘導体なのです。一方、ビタミンC誘導体は、角質層への浸透力があり、お肌に吸収された後、酵素反応によってビタミンCに変化します。D.U.O. ザ エッセンスセラムは、このビタミンC誘導体に着目されています。

ビタミンC誘導体の特徴と効果

⑴美白効果

ビタミンC誘導体がお肌に浸透すると、メラニン色素の生成を抑制し、色素沈着を防いだり、すでにできてしまったシミやそばかすを消したり、薄くしたりすることができるといわれています。

⑵お肌を若返り効果

お肌のハリを保つコラーゲンを増やす働きもあります。このように、ビタミンC誘導体には優れた美肌効果が豊富にあり、近年非常に多くの注目を集めているのです。

<高純度レスベラトロール>

赤ワインに含まれる強力な有用成分と知られ、透明感を妨げる過程に多角的に作用します。
赤ワインと言えばご存知のようポロフェノールが有名ですね。

このポロフェノールの一種であるレスベラトロールを使用することで、医学低にサーチュイン遺伝子といわれている長寿遺伝子を活性化させ、「老化を遅らせることができる=寿命が延ばせる」という成分が”高濃度レスベラトロール”なのです。主に医療期間で使用されています。

レスベラトロールには高い血流促進作用により血管を若返らせる働きがあります。
その血流改善作用で、肌のシワ・たるみを抑えるアンチエイジング効果や、薄毛も防ぎますし。

発毛効果もある期待の天然物質なのです。

こんな贅沢成分を化粧品である使うことは画期的なことなのです。
高価で贅沢なお肌の老化を食い止める成分が入っている化粧品は、エッセンスセラム以外にみたことがありません。

<グラブリジン>

女性特有のブライトニングに対応できることで知られる油溶性甘草エキス。マメ科の甘草から採取される採取されるエキスに含まれる主成分がグラブリジンです。油溶性の成分で、美白効果が高いことがわかっています。この美白効果も、D.U.O. ザ・エッセンスセラムの主な狙いです。

具体的な効果をみてきましょう。

⑴ メラニン色素を作り出すメラノサイトに直接作用して、働きを抑制するため、シミが作られるのを予防する効果があります。

⑵ 美白効果が持続するという効果が由名です。これは、グラブリジンは、肌への滞在時間が長いためです。

⑶ 抗酸化作用・・・活性酸素の発生を抑制してくれるためアンチエイジングとしての効果が高期待されています。

⑷ 新陳代謝を活性化させて肌の生まれ変わりを促進・・・出来てしまったシミへ働きもあります。シミの部分には大量のメラニン色素があるのですが、それを体外へと排出してくれる効果があるのです。

<ツボクサエキス>

肌のコゲを防ぎ、黄くすみにアプローチします。

ツボクサエキスとは、ツボクサという植物から抽出される成分です。インドのアーユルヴェーダなど世界中の民間医療では古くから薬草や若返りのハーブとして重宝されました。

主な効果をみていきましょう

⑴ 皮膚の修復効果

⑵ 抗炎症作用

⑶ 抗酸化作用

⑷シワやたるみの防止 等です。

ツボクサエキスは、皮膚をはじめ様々なトラブルに有効な成分です。

天然ハーブが原料のため、副作用やアレルギーがほとんどないといった点も特徴です。
赤ちゃんの身体に優しいベビーローションにも使用されているほどマイルドな成分です。

エッセンスセラムは、優しさへの配慮もばっちりです。

<ブドウ葉エキス>

大人の女性に嬉しい作用で、ツヤ肌へ導きます。ブドウ科植物、アカブドウの葉から抽出されたエキスです。 タンニン、アントシアニン、糖類などの成分を含まれます。
効果をみていきましょう。

⑴収斂効果

⑵消炎効果

⑶保湿効果

⑷血行促進効果

主な特徴としては、お肌のキメを引き締め毛穴レス高期待♡でき、肌荒れを防ぎつるりんとしたお肌を保てます。

エッセンスセラムは、⑷の血行促進効果もありますので、クスミ防止もばっちりです。

【 ハ リ  ・  弾 力 】

<高濃度プロテオグリカン>

皮膚を構成する成分の一つで、特殊なレセプターを持ち、角質層の深部まで行き届く糖ペプチドです。

GF様作用、コラーゲンとヒアルロン酸を産生促進、肌荒れ防止、保湿などが有名です。
「プロテオグリカン」はコラーゲンやヒアルロン酸と同じく保水性に優れています。

これを使うセンスもまた、D.U.O. ザ エッセンスセラムならではです。
というのも、今、美容業界で最も注目を集めている成分なのです!このプロテオグリカン。

プロテオグリカンは、サケの軟骨などから抽出される粉末状のプロテオグリカンという成分に水分を配合しつくられたものです。
プロテオグリカンの原液は水溶性が高いため、エッセンスセラムとの相性はばっちりです。

配合センス!と各著名人や雑誌で絶賛されています。

<レチノール>

肌リズムをサポートし、なめらかでハリのある肌へ導きます。

レチノールとは、「ビタミンA」のことで、エイジングケア化粧品成分としては、パルミチン酸レチノールや酢酸レチノールなどの「ビタミンA誘導体」がよく知られております。
美容皮膚科や美容外科で使用されている、非常に効果が高い成分です。

レチノールには、それだけに高いエイジングケア効果が期待されます。
その高いエイジングケア効果が期待される半面、副作用もあるといわれていますが、化粧品であるエッセンスセラムで配合される量では、医師の診察や処方箋が必要なほどではないので、副作用はほとんど心配ないと思います。

滅多にない事だと思いますが念の為に書いてきますが、仮に赤みやヒリヒリ感など何違和感を感じられたと気は直ちに使用を中止し、エッセンスセラムの販売もとへ連絡し指示をあおって使用してください。

【 キメ整え 】

<アクアタイド>

25000種の遺伝子から調べ上げられた新型ペプチド。そのペプチドの一種で正式にはヘキサカルボキシメチルジペプチド-12と言います。

潤いを保つ事で外的ストレスから肌を守りながら、肌本来が持つ回復力を高め、エイジングケアの根本にアプローチします。

具体的な効果3つをみていきましょう。

⑴ 保湿・・・水分を肌内部に引き込んで逃がさなくします。

⑵ 老廃物を排出・・・皮膚の表面や毛穴はもちろんのこと、細胞に働きかけそおからの老廃物をはいshツしやすくしてくれます。
老廃物を細胞外に排することにより、細胞は水をもっと蓄えることができるようになり、保湿が格段に高まるのです。

⑶ 透明感が出る・・・化粧ス等潤いを与えるだええなく自らの細胞内で水分を貯めにがさないことは肌にしっと艶感がうまれすきとおったベビーのようなお肌になれます。
エッセンスセラムを使用している多くの著名人が、Twitterなどでベビ肌になってきたと絶賛していますね。

<セラミド>

植物由来のセラミドが角質層で留まり、バリア機能をサポートします。

乾燥性敏感肌で効果があると言われているのが、セラミドです。

😯 「そもそもセラミドって何でしょう?」

肌は何層かい分かれてできており一番上にあるのが角質層とよばれるものです。

角質層には、『角質細胞』という細胞がたくさんくっつき合って構成されています。そして、細胞同士は、接着剤のような役割を持つ細胞間脂質で、繋ぎとめられています。 セラミドは、この細胞間脂質に含まれる成分の一つなのです。
細胞間脂質は、接着剤の役割だけではなく、異物などが肌内部に侵入するのを防ぎ、同時に、肌内部の水分を外部へ出さないよう、水分を保持しています。セラミドはもともと私達の身体の中にある成分なのです。本来、肌は適度な水分と油分によって、守られています。 しかし、汚れや紫外線などといった外界の刺激や、体調不良、生まれつき持っているお肌の質などで、水分が不足してしまい、乾燥肌になることがあります。乾燥肌になると、肌が持っているバリア機能が衰え、敏感な状態となります。いわば、乾燥肌の方は、全員、敏感肌(乾燥性敏感肌)であるともいえます。この状態を乾燥性敏感肌と言います。この乾燥肌に効果があると言われているのが、セラミドなのです。ですので、D.U.O. ザ エッセンスセラムにはとくにたっぷり配合されています。しかし、このセラミドは、加齢とともに成分量が減少していきます。加齢はすでに20歳から始まっています。他にも、肌のうるおいを保持する成分や水分などもともに減少していきますので、年齢を重ねるとともに、肌は乾燥していうわけですね。なので、「減少するなら、D.U.O. ザ エッセンスセラムで補いましょう!」ということでとくに推奨されています。ざっくり言うと、「体内のセラミドが加齢と共に減少するから、他に類をみない贅沢配合をしているD.U.O. ザ エッセンスセラムで補給しましょう!」ということです。

 

<植物スフィンゴシン>

スフィンゴ脂質とは「細胞間脂質」の一つで、細胞と細胞の間に存在し、体内に広く分布している構成成分です。細胞間脂質は角層細胞と角層細胞の隙間を満たし外部からの刺激を防ぐとともに、体内の水分が蒸散しすぎないよう調整するという、角層のバリア機能を担っています。よく使われる例えですが、角層をレンガ塀だと考えると、角層細胞=レンガ、細胞間脂質=レンガ同士の間を埋めるセメントだと考えるとリカイイしやすいのではないかと思います。セラミドはスフィンゴ脂質の合成・代謝における中心的脂質として、皮膚の角質層の細胞間脂質の約50%を占め、高い保湿効果で肌の水分をキープし肌のキメを整えます。

スフィンゴ脂質の働きは?

セラミドはスフィンゴ脂質の合成・代謝における中心的脂質です。皮膚の角質層の細胞間脂質の約50%を占め、高い保湿効果で肌の水分をキープし肌のキメを整えてくれます。天然の保湿成分にはヒアルロン酸やコラーゲンなどもありますが、セラミド/スフィンゴ脂質は肌表面に水分と油分のバリアを張り巡らせることで水分の蒸発を防ぎ、また外的刺激が肌の奥へ伝わるのを防ぐという肌バリア機能を持っているのが大きな特徴となっています。他にも、紫外線によってシミを作る原因である「チロシン」を抑制しメラニンの生成を抑えて、シミ、シワを防ぎます。スフィンゴ脂質は人の肌にもともと存在しているものなので、個人差はありますが刺激も弱く乾燥肌だけでなく敏感肌にも安心な保湿成分です。アトピー性皮膚炎の治療でも注目されている成分です。こんなエビデンスに基づいた成分をぶんだん配合しているのはさすが、D.U.O. ザ エッセンスセラムですね。

<大豆リン脂質>

ナノカプセルを形作る成分。小顔注射で知られる「フォスファチジルコリン」を高純度含み、保湿効果も発揮します。大豆から得られるリン脂質は、水素添加して分子構造的に安定させたもので、エモリエント効果があり、乳化剤などに使用されています。そのため、肌にふたをして水分を閉じ込める役割があるとして注目されています。優れた保湿効果を狙いD.U.O. ザ エッセンスセラムに用いられています。D.U.O. ザ エッセンスセラムが着目したのは、ふたをするだけでなく、バリア効果も期待され、表皮角質層の下のバリアゾーンの回復に作用させることを目的といているようです。角質層を常に正常な状態に保つための、肌回復に期待されているようです。

 【 毛 穴 ケ ア 】

<フィトチオネイン>

サビを防いで若々しさを育み、毛穴の黒ずみや涙型毛穴を整えます。

抗酸化作用を目的とした成分です。キノコから採れる有効成分の一種であるフィトチオネインです。ビタミンEの7000倍の抗酸化力を持つことで知られます。老化や紫外線で発生するあらゆる有害な活性酸素を除去するパワーを持ち、DNAの酸化損傷や過酸化脂質を抑制。お肌の酸化を強力に食い止めてくれます。錆びないオンナでいられるということですね。さすがです、D.U.O. ザ エッセンスセラム!

 

<ビタミンE>

ビタミンCとの相乗効果で、トラブルを溜めこみにくくさせます。

自ずと知れたビタミンE。でも本来の効果ご存知ですか?
ビタミンEとは、脂溶性ビタミンの一つです。トコフェロールとも呼ばれ、α、β、γ、δの4種類あるとされており、その中でもαトコフェロールが人体においてはもっとも活性を示し、ついでβがαの活性に対して40%程、γは10%、そしてδは1%程の活性力となっています。

作用は、

強い抗酸化作用があり、活性酸素を抑え体内の不飽和脂肪酸の酸化を防ぐ働きがありあす。このほかにも、血管を酸化から守り、血行を良くする働きもあると言われています。血液循環を良くしお肌をもちもちツヤツヤさせてくれるのですね。病院でも冷え性で手が冷たいのですといえば処方してくれるいがこのビタミンEです。それを配合するセンスも、D.U.O. ザ エッセンスセラムならではですね。

 

GLITTER(グリッター)2017年1月号にD.U.O. ザ エッセンスセラム が掲載されました。爆発的人気となっているようですね。

「D.U.O.ザ エッセンスセラム」公式サイトで確認する方はコチラ

エッセンスセラムを使用してみました

 

D.U.O. ザ エッセンスセラムの成分を調べていると効果が期待できそうだったので、私も使ってみました。
使用感は、一般の美容液ほど粘湿度はたかくないですが、もちもち肌が吸い付くような感じです。後はさらっといています。香りは、ほのかなローズ。強くないので香りに敏感な方でも受け入れやすいかと思いました。

使い方は、洗顔しタオルを押し当ててそっと水分をとります。すぐにエッセンスセラムを2プッシュを手のひらにとります。両手のひらでゆっくり温めながら混ぜ、お顔全体に押し当てるようにやさしく馴染ませます。まぶたや目の下にも指でそっと円を描くよくに塗ります。このあといつも通り、朝は、化粧水と乳液で仕上げます。夜は、化粧水と乳液、最後にクリームをぬっておしまいです。

使用して7週間目、3週目頃から肌がふっくらしてきたのか毛穴が目立たなくなってきました。ハリ艶もすごい!です。肌色もワントーンUPしたようです。

テスチで、エッセンスセラムが本当に効果があるのか、ためしに数日使用しませんでした。

すると、一気にハリ艶がなくなりました。効果てきめんです。

もうすぐなくなりますが、私は、エッセンスセラムを、定期便で購入しましたので間もなく送られてくると思います。

最初は、1980円で購入。(超おトクの75%OFF)おひとり1本です。

お肌に合わなかったら20日間は、たとえ全部使い切っていても、返金可能だったため安心して使えました。

エッセンスセラムを使われると私が言いたい事がなにか、絶対にわかると思います。

『返品なんてありえない!』なんて思われるはずです。違いがはっきりわかると思います。

私もすっかりとりこです。良すぎて返品なんてできません。
そうこうしているうちに7週間目に突入しました。

最近は、ホント、お肌がプルプルで、職場や友人らみんなに「何使ってるの?」と聞かれます。
エッセンスセラムだとは言いたくないです。

リアル友人にはナイショにしています。だって若返られちゃ嫌ですもん(笑
エッセンスセラムを1980円で購入できるのはこのwebだけの特権です!

公式サイト以外の購入場所も調べたので値段の比較は下になります。

エッセンスセラムの価格比較・楽天・アマゾン

エッセンスセラムは楽天とアマゾンでも売っていました。
公式サイトが本当に1番お得なのか?を調べました。

楽天の価格
8640円


アマゾンの価格
8640円


エッセンスセラム公式サイト

 

全体の比較表(単品購入)

購入場所 価格 送料 税込み合計
楽天 8.640円 送料無料 8.640円
アマゾン 8.640円 送料無料 8.640円
公式サイト 8000円 640円 8.640円

コース料金(返金保証付き) 概要

コース料金があるのは公式サイトのみです

価格:1,980円 (税込2,138円)
2回目の以降の価格:20%OFF 6.400円(税別)
★スキンケアサンプルプレゼント(何がくるかはお楽しみ)

※ 注意事項があります!

※返金保証※

★購入と同時にキャンセルは不可能
★返金保証を使いたい場合は、商品到着20日以内に連絡をする。
★しっかり電話で連絡する

以上の3つを守ることができればお試しで、税込み2.384円で試すことができます!!

WEB限定のコースなので、公式サイトでお試しする時はこちらです
「D.U.O.ザ エッセンスセラム」公式サイトで確認する方はコチラ

更新日:

Copyright© , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.